日本ニュースは英語圏でどう伝えられるか

スキー&スノーボード2004-2005

携帯でゴルフスイング?

Vodaphoneから新発売!携帯もとうとうここまでけてしまいました。この携帯はゴルフクラブのように振ってゴルフのゲームができるというのでびっくりです。発売する携帯電話には愛知製鋼と共同開発した姿勢制御センサーが搭載されてる。同センサーは電話の傾きや動きを感知し、例えば携帯を傾けるだけで受信メールの確認など良く使う機能に画面を切り替えることができる。また、ガンシューティングのゲームはあらゆる方向の敵を打つことができるらしい。実際のものを見てないからなんとも言えないがここまで機能をつける意味があるのか疑問に思ったりする。あまりに便利な世の中にしてしまうと人間らしさを忘れそうで怖い。みんなが駅のホームで電車を待ってる間ゲームとかしているのを想像するとなんとも不気味だ。今後、携帯がどうなっていくかはぜんぜん予想できない。

田中 豪
[PR]
# by j_news | 2005-02-01 15:35 | テクノロジー

沖縄の食文化

沖縄の浦添市についての記事があったのでびっくりしました。沖縄は戦後アメリカに支配されてたこともあって、本土の人たちより、アメリカ型の食文化がすすんでおります。例えば、A&Wというハンバーガー屋さんがあったり、タコライスが、いたるとこりにあります。また、ポークという豚肉のかんずめは恐ろしいほどの油の塊で沖縄人の肥満を促進させています。一昔前まで男女ともに平均寿命が世界一だったけど今は男子は27位くらいに下がっています。この現状はやばいということで沖縄政府も何らかの対策をしていくでしょう。個人的には電車を作ってほしいと思います。沖縄は車社会なので大人はあまりうんどうをせず、肥満につながり、成人病が多く発生するからです。せっかくの魅力的な町なのに沖縄人が病気では仕方ありません。これからの沖縄人の健康と社会について真剣に考えていかなければ大変なことになる気がして不安です。

田中 豪
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 09:58 | その他

肺がん治療薬で588人が死亡

Times紙の記事より

肺がん治療薬「イレッサ」(一般名・ゲフィチニブ)の副作用で、なんらかの副作用が起きた人は1473人に上り、そのうち588人が死亡している。イレッサは昨年末、延命効果が見られないとの臨床試験の結果も出ている。しかし、東洋人に対しては生存期間の延長が見られており、厚生労働省の検討会は現時点では使用を制限する必要はないとの見解をまとめた。イレッサの被害者の家族は販売元のアストラゼネカ社に対し裁判を起こしているが、アストラゼネカ社側は被害者が死亡したのは治療法やがん自体が問題なのだとして、徹底抗戦の構えだ。
そんなに危険なら使用を禁止するべきなんじゃないか、もっとしっかり検査してから投薬を開始して欲しいと思うけれど、実際肺がんの人はどうせほっといたら死んでしまうなら、少しでも可能性のある薬を使って欲しいと思うのだろうか?全然関係ない話になってしまうのですが、今、マガジンにも薬の副作用に関するマンガが連載されていて、私自身持病があって薬をずっと服用しているので、もし自分の使っている薬も知らないうちに体をむしばんでいるのではないかと思うと怖くなります。
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 09:51 | その他

韓国籍女性の昇格試験拒否裁判

韓国籍の女性看護婦の、昇格試験拒否裁判に対する判決について、ニューヨークタイムズより。
Japan Court Rules on Job Promotion Case
看護婦として東京都で雇われていた韓国人のチョンさんが、外国人であるという理由で昇格試験の受験を禁じられたことに対し、訴訟を起こしたというもの。
最高裁は、東京高裁の違憲判決を覆し、チョンさんの訴えを棄却した。
韓国の父と日本人の母の間に生まれたチョンさん。現在およそ20万人の韓国人が日本に暮らしている。その多くは、朝鮮半島が日本の占領下にあった時代に、両親や祖父母が強制的に連行され、その2世、3世となった人々である。
彼らは長い間ステレオタイプと戦って、仕事と雇用における差別に直面してきたのである。

という内容です。
日本の記事は、
<都国籍条項訴訟>管理職受験拒否は合憲 最高裁が逆転判決 (毎日新聞)

このような現実を知るたび、残念な気持ちで一杯になります。日本が勝手に連れて来て、日本人になることを強制し、韓国人であるというアイデンティティを奪おうとしたのにも関わらず、戦争が終わった途端に今度は外国人扱いをする。そのような歴史すら抹殺して知らないふりを決め込み、反省どころかなかった事のようにし、日本の社会から排除しようとしている。
在日韓国・朝鮮人について考える上で、その知識と共に重要なことは何でしょうか?
私は「謝ること」「反省すること」の教育だと思っています。人の気持ちになって考えること、共感共苦の精神が、日本人は圧倒的に足りない。
小学生のクラスで植民地支配の話をしても、大学生の講義で在日問題を取り上げても、大多数が「かわいそうだと思う」「日本人は間違ったことをしたと思う」と同じ様な意見を言う者が多いのです。多数の者が反省したふり、相手の身になったふりをする。周りの人と同じように、ありきたりの意見を答える。そういうことが自然に身についている人間が、日本人にはとても多いと強く感じます。
それは、「反省」を教えられていないから。そのような過去の間違いを認め、今後の共生について考える機会を与えられていないからだと思います。
そのような教育の中では、「謝ること」は決して学べません。なぜなら「謝ること」は、最も自主的な行為でなければならないからです。「謝罪」は相手のことを考えてするものではない。自分の心が相手を思い、自分の間違いを認めて、自分の心のために成すべき行為なのです。相手のことを考え、「謝罪したほうがよさそう」だから謝るのではありません。自分が犯した過ちに我慢ならず、相手に自分の心をさらけ出してしまう行為が、真の「謝罪」ではないでしょうか。
そんな気持ちで、私達はこれまで謝ったことがあるでしょうか?そのことがわからないから、日本人はいつまで経っても、在日韓国・朝鮮人、植民地支配の被害者の人々に謝ることができない。これからの教育の中で最もなおざりにしてはならないことは、このことであると私は思います。
きちんと謝罪できないこと。これが無気力で、中身のない多くの日本人を生み出しているのではないでしょうか。

鍋倉 衣久美
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 04:52 | 社会

北朝鮮の中の「真実」

MSNBCというところの拉致問題の記事を紹介します。
Japan talks tough over N.Korea reply on abductees

北朝鮮が、日本が拉致被害者のDNA鑑定結果を捏造したと非難したことにより、日本から経済制裁を受ける危機に直面している、というもの。
北朝鮮のこの非難は、北京の外交ルートで伝えられた日本の抗議に対する正式な回答である。
核問題6カ国協議で日本を外せという脅しと共に、この「宣戦布告」とみなすという北朝鮮政府の反応により、日本の一般大衆の経済制裁を求める北朝鮮への抗議が起こった。
この反応を受け、小泉政権は、拉致問題への不誠実な姿勢を改良しなければ2005年の政策基盤で北朝鮮に対して経済制裁を推し進めると約束した。

という内容。
関連して、
<遺骨別人>北朝鮮、日本政府の「鑑定ねつ造」と回答 (毎日新聞)

何をどうしろと?と、北朝鮮には腹が立つというよりあきれてしまう。北朝鮮みたいに生きられたらいいのにとさえ思ってしまいます。都合の悪いことは嘘だと言えばいい。北朝鮮の意見を聞いていると、事実や現実とは一体何だろうか?と考えさせられます。
私達が本当だと思っていることや、当然真実に違いないと思っていることなんて、実は結構思い込みに過ぎない。私達が住んでいる環境や文化がそう思わせているのかもしれません。例えば私達が1人の異性と恋愛して、結婚して、子供を作って家庭を持つ。このことは誰に教えられたわけでもなく、人間として元々備わった考え方のように妄信して暮らしている。でも実際は、この地球上には恋愛や結婚などという概念がない民族だってたくさんいるのです。こんなに当然に思えることだって、私達の常識でしかない。私達が結婚や恋愛という文化を持つ民族の子供だっただけなのです。
北朝鮮の人々は、自由に考えるということを奪われています。本当は正しくて、信じる自由があるはずのことを、政府によって操られ、真実も嘘に、嘘も本当と教えられている。このDNA鑑定は真実を語っていると思います。これは日本が決めたことじゃなくて、現代の鑑定技術が証明したことだから。誰かの意見が決めたことではないから。
北朝鮮の人々に、このDNA鑑定が正しいとか捏造だとかいう事じゃなくて、この世界には本当の真実があって、それを自分で自由に信じていいんだという事を知ってほしい。誰かの都合で嘘を信じ込まされているなんて、本当に残念でならないと思います。

鍋倉 衣久美
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 02:56 | 政治

Sony Admits Losing Out on Gadgets

似たようなネタですが。Sonyさんです。

Sony Admits Losing Out on Gadgets


ゲーム業界、音楽業界、コンピュータ業界で一世を風靡したSonyですが、ここのところ少々元気がなくなってきた感じですね。
SonyといえばパソコンVAIO(私使ってます)!、音楽プレーヤーのドン!、プレイステーションの大ヒット!味をしめてPS2!!PSP!!!と守備範囲も広く、最も勢いのある会社とされていましたが、この記事でのpresident of Sony Computer Entertainment Inc.であるクタラギ ケンさんの言葉にもありますが、その勢いもなうなってきています。VAIOや携帯電話外部メモリーなどを見ても、Sony製品の大きな欠点の一つとしてあがるのが「互換性が悪いこと」だと思います。皆さん他の会社の機器は使えるのに、Sonyだけは特殊なものになっていて使えず困った、なんてことはないですか?最近ではフラッシュメモリーなどリムーバブルディスクもいろいろありますからいいものの、VAIOはとりあえずフロッピーが使えないのは大きいと思います。

こういった電子機器では、Sonyには「低価格」という武器がなく、他の会社にもって行かれるという失敗傾向があるようです。クタラギさんの言葉に”known as the "Father of the PlayStation" for making the game machine a pillar of Sony's business”とありますが、PSPとNintendo DSを比べてみると数字の上でも明らかにDSのほうが上回っていますし、何かしら動きを見せないとこのままではSonyにとって厳しい状況かもしれませんね。
でもSonyの製品の質は実際いいと思うので、私個人的には好きなんです。外部メモリーなんかが発達した今だからこそ、もっと他社の機器との相互性について考えてみてほしいと思います。


中村径也
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 02:37 | 経済

管理職試験の国籍問題についての裁判

日本国籍でないことを理由に東京都の管理職試験の受験を拒否されたのは憲法に違反するとして、都の保健師で在日韓国人の鄭香均(チョン・ヒャンギュン)さんが都に損害賠償を求めた訴訟の判決が、最高裁であった。結果は「都の措置は違憲、違法ではない」ということで、チョンさんの請求を棄却。この出来事の記事をワシントンポストから。

今回のチョンさんの裁判の経過が一審から詳細に紹介されている。記事によると、最高裁の最終的な判決と反対の意見だった裁判官は15人中たった2人だったそうです。
"I am absolutely disgusted. I didn't think it could possibly be this bad,"
というチャンさんのコメントが示されているが、日本のTVニュース(確か報道ステーション)でチョンさんの会見の様子を見たときにはこんなことを言っていた。
「私は世界中の人に言いたい。日本には来るなと。」
裁判の結果が正しかったのかどうかは別にしたとしても、このような発言をされてしまうとは・・・。

記事は、在日韓国人が長い間、日本のステレオタイプ的な考え方と仕事や就職においての差別と戦っている、と締めくくられる。テレビではほかに石原都知事のコメントなどを紹介しており、視聴者に対し両者の対立をより強くアピールしていた感じがする。活字メディアのほうが冷静な視点でいられるのかなという感想を持ったが、今、この記事がAPの発信だと気付き、ただ簡潔にまとめているだけなのかなと思いました。中途半端ですいません。


濱本康司
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 02:26 | 社会

Nintendo DS

宇多田ヒカルのCMで話題になっていた任天堂の新商品、Nintendo DSが昨年の12月2日に発売されました。でもアメリカでは11月21日発売だったらしく、なにゆえ日本のほうがあとなの??とか思いつつ、取り上げてみました。

Nintendo Lowers Fiscal Year Forecasts

今騒がれている円高も、海外での売り上げによる利益が大きい任天堂さんのような会社には影響大のようです。海外での売り上げ分を日本円に直すときに、円高だと儲けが少なくなってしまうわけです。日本にいるわれわれはあまり知らないし、かえって意外なくらいかもしれませんが、日本のゲーム機はアメリカを始め海外でずいぶん普及しているようです。
中でもやはり「Mario」や「Pokemon」は知名度も高く、ポケモンのアニメやら映画なんかふきかえてむこうでも放映されていましたよね。
任天堂が出しているそのほかのゲームハードも普及はしていますが、ここのところ売り上げが伸び悩んでいるとのこと。しかしハードはなかなか売れなくなっても、やはりソフトは売れるようで、ソフトでヒットを出すのがハード起死回生のチャンスとなるでしょう。日本で虫の息だったゲームボーイが「ポケモン」で一気に元気になったのがいい例ではないでしょうか。あれがなかったらゲームボーイアドバンスなんてこの世に生まれてこなかったことでしょう。Nintendo DSに関してもまだソフトの数が少ないので、今後でてくる新作がまたハードの売り上げを跳ね上げることになりそうです。

それにしても最近のゲーム機はみな小さいですね。GBアドバンス然り。DS然り。PSP然り。

この前バイト先の塾の生徒(中2)が初代ファミコンを持っていると聞いてびっくりしました。



中村径也
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 01:17 | 経済

う・・・生まれるっ・・・

「わたしはあなたを愛してます」ということを伝えたいとき、うまく言葉にできなかったことはだれにでもあることでしょう。。。

というくだりがまさかおもちゃの話題だったなんてっ!

なんとも奇妙なおもちゃが発売されるようですよ。
BBCから Japan bean plants sprout messages

おもちゃメーカーのトミーとタカラが共同でメーセージを生む植物のおもちゃを生産したとのこと。なんでも卵に水をやると、数時間後にひびが入り、割れてそこからメーセージの書かれた芽がでてくるそうな。ちなみにメッセージは日本語とフランス語で書かれてるそうな。

メーセージは6種類あって、何がでてくるかわからないということで育てながら、わくわくどきどき感を味わってもらえる新種のおもちゃなのであ~る。

う~ん、おもちゃとしてはおもしろいちゃおもしろいと思いますけど、やはり冒頭のありきたりな恋愛小説の書き出しのようなものはいらなかったのではないかと。。。実際、ほんとにこれを告白に使ったら、なんてメッセージがでるのかわからなくて気が気じゃないと思うのは私だけでしょうか。。。

ぜひお試しあ~れ☆

小笠原 愛
[PR]
# by j_news | 2005-01-27 01:15 | その他

高齢社会と日本のこれから

BBCの日本の高齢社会についての記事を紹介します。
Japan's ageing workforce: built to last

まずトシツネトラオさんという101歳のおじいさんが紹介されている。トシツネさんは、毎年13%ずつ増えて、最高齢者が114歳という、日本の2万3000人の百歳以上高齢者の内の1人である。
トシツネさんの目標は日本一の高齢者になること。
寿命のことになると、日本は国を挙げてトシツネさん同様長寿を目標にしている。 男女共にアメリカやヨーロッパより4年寿命が長い。
高齢者の1人は、その理由は食品産業や環境が向上したからであると予想している。
しかし今日の日本は、 
①食料自給力が低い。 
②高齢化の進行により高齢者の倍増と労働者の減少が予想されるのに、それに対する財政・福祉対策が不十分である。 
③移住や住まいの問題 
④労働力の減少に伴う慢性的不況の持続
など、将来に膨大な問題を抱えている。

という内容です。
日本人のおじいさんの生活ぶりや長寿を願う様子から始まり、ほのぼのとした内容と思いきや、現在の日本が抱える課題を次々とたたみかけられ、現実に引き戻される記事でした。冒頭のおじいさんの様子が、長寿のようなほんわかとした幸せにのんびり微笑んでばかりで、肝心の耳の痛い問題について先送りにし、おざなりにしてしまう日本という国家を象徴しているように思えました。日本人の痛いところを突かれた内容でした。

少子高齢化が進み、我が国が今までに経験したことのない高齢社会となり、日本人はみんな将来に不安を抱えています。このように高齢社会について考えてみる中で、この社会が私達みんなにとって幸せであるためには、政治的、経済的にもこれまでにない工夫と、新しい価値観の構築が必要であると強く感じます。これからも高齢社会の問題に対し、一層の努力と向上が不可欠であることは間違いない。しかしより幸せな高齢社会を築く上で最も必要なことは、私達の一人一人が自己を探求し、自分らしい幸せな生き方について深く考えることではないでしょうか。
高齢者は、健康ではつらつと生きるための生きがいを見つけて自分らしく生きる。私達は、高齢者を「支えていかなければならない負担」とは考えず、高齢者が我々の社会にどのように役立ってくれ、活躍してくれるかを考えていくべきだと思います。
支える立場と支えられる立場に分けるのではなく、おたがいに支えあう関係であること。子供からお年寄りまで、自分らしさを自ら発見し、自分の生きがいや目標をしっかりと持っていれば、活気ある温かい社会が生み出せるんじゃないかな。
私達は誰かのためだけに生きているのではない。自分のライフスタイルをしっかりと持ち、自分自身の楽しさを大切にし、「知恵」である高齢者と、「力」である私達が、それらを分かち合い、つながりあうことによって、私達のこれからの日本を築いていければいいなと私は願います。
この考え方がいけないのだろうか?現実に目を背けているのかな?

鍋倉 衣久美
[PR]
# by j_news | 2005-01-26 22:53 | 社会


日本のニュースが米英メディアでどう報道されているか見てみるブログ
by j_news
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
メディアリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism